東日本大震災から5年

みなさん、こんにちは。
今日は3月11日です。あの未曾有の大災害から、もう5年も経つんですね。
みなさんは、当時何をして過ごしていましたか?
私は、大学の卒業式を間近に控え、期待と不安に胸を膨らませながら、穏やかな午後を過ごしていました。
帰って、何気なくテレビをつけてみると、そこには全く信じられないような光景が流れていました。しかも、どのチャンネルも。
今思い返しても、異様で、衝撃的な状況でしたね。
被災された方々をはじめ、関係者の方々のこの5年間の苦労というものは、本当に大変なものだったと思います。
犠牲になられた方々のご冥福を、心からお祈りいたします。
毎年、この季節になると思いますが、今の私達にできることは何があるのでしょうか。
やはり、私は、あの大災害の記憶を風化させることなく、教訓として、これからに生かしていくことが大切だと思います。
当時、被災された方々も、直前までまさかこのような事が起こるとは考えてもいなかったことでしょう。
つまり、いつ私達も災害に遭ってもおかしくないということです。
そこで、平素から、「もし〇〇が起こったら、どうする」ということを、家族や回りの人たちと考え合って、準備をしておかなくてはなりません。
みなさんは、今すぐにでも避難できる準備はしていますか。
避難経路は把握していますか。
近所の人で、一人での避難が困難な人はいませんか。
繰り返しますが、いつ、災害が起こるかは、誰もわかりません。
もしかしたら、明日かもしれないし、今日かもしれません。
災害は防ごうと思っても、防げるものではありません。
5年前の大災害を教訓として、今できる最大限の準備をしておきましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

産山駐在所

Author:産山駐在所
産山駐在所に赴任しました。
よろしくお願い致します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR