ヒゴタイの花が見ごろを迎えます 

 産山村の草原では、ヒゴタイの花が咲き始めています。
 ヒゴタイは、中国大陸原産のキク科の多年草で、西日本や九州の日当たりの良い山野に生育しています。8月ころから9月ころにかけて、瑠璃色の球状の花を咲かせます。産山村では、村花として村民の方からも愛され、「ヒゴタイ公園」をはじめ、村内各地の草原で見ることができます。写真は、「うぶやま牧場」の近くに咲いていたヒゴタイを撮影したものです。
 ヒゴタイは、絶滅のおそれのある植物として、環境庁の「絶滅危惧種」に指定され保護されています。また、熊本県の「希少野生植物」にも指定され、採取や損傷が禁止されており、違反すると罰則が適用されます。
 鑑賞に来られた際には、この貴重なヒゴタイの保護にご協力お願いします。
  
IMGP0079[1]
 

                    (ヒゴタイの花)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

産山駐在所

Author:産山駐在所
産山駐在所に赴任しました。
よろしくお願い致します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR